ジオン注硬化療法

ジオン注硬化療法は、脱出を伴う内痔核にジオン注とよばれる注射剤(硬化剤)を投与することで痔核を縮小し、脱出や出血を改善する治療法です。これまで手術が必要とされていた痔核の一部に対しても有効で、治療時間はわずか10~20分程度で、外来治療(日帰り手術)が可能です。内痔核を切らずに治すとよばれる所以です。 この治療法は「四段階注射法」という独特な手法を用いた特殊な投与技術が必要であり、決められた手技講習会を受講した専門医しか実施できません。 おおすぎハツノ内科クリニックでは日帰り手術で「ジオン注硬化療法」を施行しております。

ジオン注とはどんなお薬でしょうか?

有効成分は硫酸アルミニウムカリウム水和物とタンニン酸です。
痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を硬くして粘膜に癒着・固定させる作用があります。
硫酸アルミニウムカリウム水和物出血症状や脱出症状を改善します。
タンニン酸硫酸アルミニウムカリウムの働きを調節します。

有効成分の頭文字からALTA(アルタ)とも呼ばれます。
Aluminum Potassium Sulfate Hydrate・Tannic Acid

四段階注射法とは?

ジオン注をひとつの痔核に対して図のように4カ所分割して投与します。

ジオン注を投与するとどのようになるのでしょうか?

投与後は痔核へ流れ込む血液の量が減り出血が止まります。脱出の程度も軽くなります。多くの方が注射後翌日には出血、脱出の症状の軽快を認めます。

その後は投与した部分が次第に小さくなり、引き伸ばされていた支持組織が元の位置に癒着・固定して脱出がみられなくなります。(1週間〜1か月)

ジオン注硬化療法実施施設一覧

ページの先頭へ戻る
ログイン